IMG_8070

城崎温泉に行ったらぜひ寄り道して食べたいのが出石の「皿そば」。

出石と書いて読み方はいずしです。

歴史ファンならピンと来る方もいるかもしれません。
そう、長州藩士の桂小五郎の潜伏先です。
桂小五郎って風間杜夫に似てるなあ。

その桂小五郎が身を隠していた住居の隣にある
皿そばの有名店が、「よしむら」です。
なので、観光スポットとご当地グルメを一緒に訪れることができ、
まさに一挙両得!

IMG_8061

皿そばの「よしむら」。駐車場も近くにあって安心。

IMG_8062

はい、ここに桂小五郎が、甚助、直蔵兄弟に匿われていたんですね。
この兄弟、本当にいいやつです。愛人も畿松も訪れたそうです。
で、確か匿われていた先の娘に手を出して身ごもってしまい。。など、
いろいろあったようです。この辺り、司馬遼太郎の傑作「世に棲む日々」
に詳しいので、行く前に読んでおくことをオススメします。


世に棲む日日〈1〉 (文春文庫)

新品価格
¥605から
(2017/1/8 11:58時点)




IMG_8065

で、「よしむら」入り口。老舗です。人が入れ替わり立ち替わり、
出たり入ったりで繁盛している感じです。

IMG_8066

店内はまーまー普通の蕎麦屋です。基本座敷ってのがいい。
なぜなら皿そば的にテーブルじゃないと食べられないもんね。

IMG_8067

玉子、とろろが付きます。

IMG_8069

ネギ、ワサビのスタンダード薬味も。


IMG_8071

そして皿そば5枚セットで登場! これが美味いっす。
みずみずしく新鮮な野菜を食べてるかのようなフレッシュな味わい。
サラサラ入る。皿そばだけに。


IMG_8072

とろろに付けてもうまい。

IMG_8077

結局、こんぐらいは食べちゃう。
そば湯もとろみがあってうまい。
これだけ食べてもさらっとしててちょうどいい感じの清涼感。
皿だけに。いいね。

IMG_8078

24皿以上食べると認定証がもらえる。
まーお土産にって感じですかね。



旅館・ホテル ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
にほんブログ村