IMG_7905

城崎温泉のお土産はかなり商魂たくましく、バリエーション豊富。
【城崎温泉お土産その1】
まずは、入浴剤、その名も「入浴両」800円也!
なかなかのインパクト! しかも入浴剤ってお土産の発想なかった。
と、特に城崎温泉の成分が入ってるわけじゃないんですね。。


IMG_7909

お土産ショッピングに便利なおしゃれなスポット「木屋町小路」。
お土産以外にも、木工細工おもちゃ売り場などがあり、
子どもと行っても楽しめるのが助かる〜。


IMG_7908

歩き疲れたら、適当に畳の休みスペースもあったりでリラックス。


IMG_7907

【城崎温泉お土産その2】
木屋町小路にある「城崎ビネガー」。お風呂上がりにキュッと
フルーツ系のフレーバーのお酢を飲むのも一興。
ジンジャーレモン酢、グァバ酢など、果敢なフレーバー。


IMG_8011

木屋町小路を後にし、昔ながらのお土産やさんに移動!


IMG_7906

【城崎温泉お土産その3】
「幕内弁当」。。というのは冗談で、「幕内弁当」風のお菓子。
手が込んでます。これは外国人にも受けそう。


IMG_7904

【城崎温泉お土産その4】
豊岡市のゆるキャラ「玄さん」は天然記念物の「玄武洞」から、
生まれた六角形の岩男。知名度はかなり低いので、逆にインパクト大!
「玄さんのおみくじクッキー」では、クッキー一つ一つにおみくじが付いている。



IMG_7903

【城崎温泉お土産その5】
その名も「城崎限定」。レア、プレミアといった言葉に弱い人に、
直球で迫る一品。ミニスポンジケーキ的な感じです。


IMG_7902

【城崎温泉お土産その6】
「かにとたこせんべい」。かにとたこが一緒に入った贅沢な一品。
意外とこの発想なかった。

IMG_7901

【城崎温泉お土産その7】
「黒豆グラッセ」。このあたりの名産、黒豆をグラッセに。
和と洋の素敵な出会い。


IMG_8010

ちょっと休憩してソフトクリーム。うまいっす。
近くの牧場の牛乳で作ってます。


IMG_8013

【城崎温泉お土産その8】
「かに味噌」。いきなり普通。でもぶっちゃけ実際買ったのはコレ笑。
なぜならちょっと安い。このサイズなら1000円行ってもいいと思うけど。
なので全然ありでしょう。そして、ちゃんと上手く、量もわりとたっぷり。
大満足でした。正直、一番のおすすめです!


IMG_8012

【城崎温泉お土産その9】
「炭酸せんべい」。城崎温泉、有馬温泉、宝塚の名物。
この缶の入れ物が雰囲気あっていい。


IMG_7897

【城崎温泉お土産その10】
「こけし」。綺麗に塗られたツヤツヤっのこけしたち。

IMG_7898

忍者など、ユニークなこけしも多く、なごむ。
定番だけど、ちょっとおもしろい趣向があったり、ネーミングが
独特だったり、果敢に攻める城崎温泉のお土産事情でした。







旅館・ホテル ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
にほんブログ村