aizu 039

福島は会津の、東山温泉「向瀧」に行きました。

電車で東京から行き、途中から鈍行電車に乗り換え会津へ。
鈍行電車は雪のため1時間ぐらい止まったり、
途中、部活を終えたジャージ姿の地元の中学生たちわんさかが乗ってきたり、
福島の生活に参加させてもらったみたいでなんとも楽しい。

「向瀧」は山の斜面に沿うように建てられていて、あたかも
一匹の竜が横たわっているような感じがおもしろい。
中も階段を登るとお部屋、また階段を登るとお部屋と、
その構造を体験できるかなり希有な宿。

雪がすごいです。そしてそれがいいです。

憧れの雪見露天風呂、は残念ながら露天風呂がないためできません
でしたが、お庭が雪に埋もれた上にロウソク、灯籠?が置かれ、
夜はなんとも幻想的です。

音もなくしんしんと降る雪と温泉は相性がいい。

そういうわけで、建物が古く、昔の日本人に合わせてなのか、
お部屋はちょっと狭い。7畳と縁側って感じ。
そしてうーんご飯も部屋食ですがちょっと
普通かなあ。東北らしく気持ち味濃いめ。

全体的に「洗練」という言葉からは違うベクトルです。
お風呂は露天風呂がないのは残念だけど、いいお風呂でした。

過度なサービス、鼻につく演出もなく、
素朴な東北を味わえる感じです。
お値段も1人2万ぐらいで良心的です。
古いお宿が苦手な人は厳しいでしょうが、
静かな夜を俗世間を離れて味わいたい方には
魅惑的な宿となることでしょう。

★★★☆


aizu 014

階段天国! あっちも階段、こっちも階段。

aizu 007

まさに雪化粧。美しいです。


aizu 017

こちらのお庭が夜になると、無数の灯が灯され、幻想的です。


aizu 016

廊下脇も雪が迫る。廊下はぴかぴかに磨き上げられ、
質素倹約、さすが白虎隊を生んだ風土です。


aizu 027

池の上にせり出した構造で、廊下が水の上を歩いているような感覚
で楽しい。



aizu 034

小ぶりな宴会場。親戚だけの小さな結婚式をここであげたら絵になる
だろうな。


aizu 025

お庭が堪能できる廊下。清貧な美を感じる佇まい。


aizu 008

お部屋からお庭を見る。静かだ。雪って物音を吸いとる気がする。


aizu 004

お夕食。内陸なので、お魚を漬けて保存食にした感じの郷土料理。


aizu 031

夜は静かにふけてゆく。





旅館・ホテル ブログランキングへ